煙突の重要性を考える


煙突のヘッドパーツ

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
6月 8, 2014 at 12:03 PM

煙突のヘッドパーツ

家庭用の煙突を見てみるとそれぞれ排煙する部分のヘッドパーツは異なっていますよね。

よく見かけるのが、雨や雪が入り込まないための傘のようなものです。

排煙口の結露によって温度差が生じないように調節する役割も持っています。

また、鳥がとまると落下事故につながる危険性があるために、それを防ぐ役割も担っているのです。

煙突の先端という事でデザイン性ももっていなければならないので、こだわりの部分になります。

あなたが、どのような機能を求めているかで、取り付けるべき煙突は異なります。

そのため、家庭に煙突を設置する場合にはしっかりと家族で意見をすり合わせたり、専門の方に相談することが大切です。

単にデザイン性だけで選ぶとのちのち不便になってしまうというところが難しいですよね。

しかし、最近では薪ストーブが注目を浴びているので導入を考えている方は多いでしょう。

需要があるときには専門の方も多くなります。

まずは気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。

クリスマスと煙突

クリスマスと言えばサンタクロースですよね。

サンタクロースは煙突から入ってくるという描写がある絵本も多いです。

しかし、日本の場合あまり煙突がある家はありませんよね。

そんな時、サンタクロースは一体どこから入ってくるのでしょうか?煙突は古来、現世と天を結ぶはしごのようなものであると考えられていました。

サンタクロースは天の世界の人物で、彼が持ってきてくれるプレゼントは天からの贈り物だということですね。

日本ではそれに該当するようなものがないので、素直に考えると窓からではないかと推測されます。

魔法で出入り口を作りだすというのもなんだかファンタジーで良いですよね。

煙突の工事

煙突がなくても、サンタクロースを信じている子どもたちの前には現れてくれることだろうと思います。

それが父親であっても、母親であっても関係ありません。

子どもたちが信じてくれている限りサンタクロースは存在し続けるのです。

天につながる道を通って素敵な贈り物を持ってきてくれることでしょう。